〔用語集〕 TA = あゆのFC。Lotus = 中島美嘉様のFC。


by ayu-mikasama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ayu-mi-x 6

今年も決算期末が近づいてきた。
ということは、恒例のあゆ、と言うか avex 決算対策の集中リリースの季節がやってきた、ということですね。

まずは、3 月 12 日に LIVE DVD 『ayumi hamasaki ASIA TOUR 2007 ~ Tour of Secret ~ "LIVE + DOCUMENTARY"』がリリースされる。5,040 円也。

次いで、3 月 26 日に Remix Album 『ayu-mi-x 6 -GOLD-』 『ayu-mi-x 6 -SILVER-』が同時リリースされる。各 2,500 円也。
従って、10,000 円以上の出費が強いられるワケだ。

この「ayu-mi-x」。
4 年振りのリリースなのだが、特に近作は avex お得意のトランスだの、ユーロビートだのが主体となっていて、CD を買っているというより、avex に寄付をしている と言うべきシロモノだった。
それが今回は、
前作から 4 年...。大人気シリーズ、再始動。ayu-mi-x だからできた、過去に類を見ない超豪華リミックス・アルバムがここに誕生!
ミニアルバム『Memorial address』(03年)から最新アルバム『GUILTY』(08年1月1日発売)までの大ヒット曲の中から選りすぐりの名曲たちを、国内外のトップ・プロデューサーがリミックス!

ということらしい。

そこで、当然「超豪華」な「国内外のトップ・プロデューサー」って誰?ってことになるよね。
で、トラックリストを見てみると、

『ayu-mi-x 6 -GOLD-』(全12曲収録・曲順未定)
Greatful days (PARA ONE remix)
ourselves (COLDCUT remix)
INSPIRE (ARMAND VAN HELDEN remix)
Moments (dj KENTARO remix)
HAPPY ENDING (MAD PROFESSOR remix)
STEP you (THE YOUNG PUNX! remix)
Ladies Night (AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND remix)
Startin' (SHINICHI OSAWA remix)
BLUE BIRD (7th GATE remix)
Beautiful Fighters (MSTRKRFT remix)
glitter (SOUL CENTRAL remix)
talkin' 2 myself (STONEBRIDGE remix)

『ayu-mi-x 6 -SILVER-』(全12曲収録・曲順未定)
No way to say (HIGH CONTRAST remix)
GAME (YOJI remix)
CAROLS (PLAYGROUP remix)
About You (BLACK STROBE remix)
walking proud (CALM remix)
alterna (FREEFORM FIVE remix)
HEAVEN (DAISHI DANCE remix)
JEWEL (STEPHANE POMPOUGNAC remix)
part of Me (CARL CRAIG remix)
fated (MAKOTO remix)
decision (FORCE OF NATURE remix)
Together When... (CO-FUSION remix)


また、DAISHI DANCE かよ・・・って、そういう問題じゃない!
正気なのか、avex。特に「SILVER」の方が、なんか大変なことになってるぞ。
まさか同姓同名のヒトだとか言わないだろうな。「SILVER」の下から 4 番目のヒトとか。

このレヴューは裏ブログでやった方がよさそうだな。乞うご期待。
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-31 01:04 | あゆ

陰日向に咲く

さいたま新都心 cocoon のシネコンの会員ポイントがそろそろ期限切れになりそうなので、無理やり映画を観に行ってきた。
6ヵ月観に行かないと期限切れになってしまうのだが、確か6ヵ月ぐらい前にも同じように無理やり「恋するマドリ」を観たような記憶が。

で、今回観たのは「陰日向に咲く」。

原作は読んでないけど、まあまあの話だったんじゃないの。
終盤にかけて、それぞれのエピソードがつながってきて、「あー、そーゆーことだったのか」と思うんだけど、1つだけどうつながるのかわからなくって悩んでいたら、結局つながらずに終わってしまったという不思議な後味を残す映画だった。

観終わった後、喫煙所に行ったら、宮崎あおいのお母さんは結局生きてたのか、死んでたのか、と議論している男性2人組がいた(笑)
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-29 00:48 | MOVIE
えーと、まあ、レポというほどのこともないのだが。
でも、とにかく書いておきたいことがある。今さら感はあるけど、手短に。

今回の席は、200レベル右側の後方。
開演前に席に着いてみると、400レベル未使用モードであることを発見。集客力が落ちてきてるんだねえ。
それに、事前情報では、MISIA は風邪かなんかで喉の調子が悪い模様。なんとなく不安になりつつも、まあ、定評ある MISIA のライヴなんだし、そんなにめちゃくちゃなことにはならないだろうと、場内に流れている蟹江あたりを聞きながら考えていた。

さて、定刻15分遅れぐらいで、ライヴはスタート。
1曲目が開始したところで、いきなり、ま、眩しい!
どうやら、ステージ向かって左側の一番奥のライトが強力で、それが自分たちがいるあたりの客席を直撃している模様。
しかも、そのライトは方向が固定されてて、点灯している間はずっと眩しい。それでも、ステージを見ようとしたが、あまりにも眩しくて MISIA がどこにいるのかも、さっぱりわからない状況。
2曲目が終わるまでそのライトは点灯しっぱなし。3曲目になってやっと消えたので、これでステージが見えると思ったら、目に残像が焼き付いてて、しばらくの間はやっぱり MISIA がどこにいるのかもわからない状態が継続。

自分は相当数のライヴに行ってて、いろんな会場のいろんな場所からステージを見てきた経験があるのだが、こんなことは初めてだ。
こんなの、リハの段階で、客席からステージがどう見えてるのかチェックしてれば、すぐに修正できる問題でしょ。
そんな基本的なこともできてないのか。これはもう欠陥ステージと言わざるを得ない。

結局、その後、アップテンポの曲の間は例のライトがずっと点灯してて、全くステージを直視できなくて、ステージと逆の方向を見ざるを得ない状況が続いた。
そんな状況で、いくら「INTO THE LIGHT」(ホントにタイトルどおりだな)を演られても、ノレるワケないじゃん。
見渡してみると、自分たちがいる周囲は、元々ライトなファンが多かったのか、それとも自分と同様に気分を悪くしているヒトが多かったのか、とにかくライヴの間ずっと座りっぱなしだった。
そんな中で、自分たちの後ろにいた●●女2人組は、序盤からずっと立っていて、周囲のノリが悪いのがご不満なのか、「なんで、みんな座ってるんだろう」、「きっと年寄りばっかりでヒザが悪くて、立てないんだろう」みたいなことを大声で話していた。
いや、オマエらの方の感覚のほうがおかしいんじゃないのか。新興宗教じゃあるまいし、こんな状態で喜べるかよ。

えーと、音楽的には、音響の状態もよかったし、MISIA も喉が悪いにもかかわらず、頑張っていたと思う。
で、アンコールのときに、「音楽を通じて、みんなに幸せになってほしい」みたいなことを一生懸命に言っていた。
いや、MISIA が悪いワケじゃないが、こんな基本的なこともできてない状態でそんなこと言われてもねえ。そんな気分になるわけない。

というワケで、ようやくライヴが終了。
本来なら、さいアリの近所で食事でもして帰るところだが、とてもそんな気分にならなくて、逃げるように帰った。
ライヴが終わった後でも、1時間ぐらいはずっと目がかすんでいた。
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-27 16:29 | LIVE
えーと、MISIA のライヴレポを書かなきゃいけないんだけど、とりあえず、緊急ニュースを。

中島美嘉も“SAKURA”ソング

「めざまし」で聞いた感じでは、なんか今までのバラード曲を混ぜたような…。
まあ、リリースを待ちましょうか。
こちらでも、ちょこっと聞けますが。

Remix が DAISHI DANCE だって?
また、微妙なところに凝ってるなあ(笑)
そう言えば、昔、Blaze に Remix やらせてたこともあったもんね。

それより、C/W の「conFusiOn」の方が気になる。
なんか、バックでピコピコいってるんですけど…。ひょっとして、テクノ?
こっちはこちらでちょこっと聞ける。

前髪はまだパッツンみたいだね。
b0033901_2362980.jpg

[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-26 23:14 | 中島美嘉様
行ってきました。
早く UP しないと、また、2週間ぐらい更新できなくなるので、とりあえずセトリだけでも。
とは言うものの、もうバラード曲はほとんど区別つかなくなっちゃってるので、ヨソからパクってきたものだけど。

セットリストはこちらです。
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-21 01:03 | LIVE

Baby cruising Love

b0033901_2125653.jpg遂にMステに登場し、シングルチャートでは WaT や伊藤由奈+セリーヌ・ディオンを蹴散らして3位にランクされ、その勢いに乗ってMJにまで出ていた Perfume の Baby cruising Love。

ポリリズムの後の勝負曲なので、同路線のダンス系かと思いきや、テンポを落としたメロ重視系できた。
これはこれでいいんじゃない?
C/W のマカロニはさらに意表をつく曲調。ある意味、こちらの方が中毒性が高いねー。

それにしても、芸能人としてアカぬけてきて、ずいぶんかわいくなったねー。
PV なんか相当カワユス。どうやら本気で売るつもりのようだな。

ところで、この CD、タワレコでは TOWER × NIKE のコラボとして、彼女たちが court force を持っている初回限定スリーヴを付けて売っている。個人的には、court force っていいデザインのがあまりないので、1 足しか持っていないのだが。
まあ、それは別にして、これはもうタワレコで買うしかないと思って、通販で予約しようとしたのだが、既に売り切れになっていたので、泣く泣く HMV で予約したんだよね。
そしたら、何故か翌日にはタワレコでまた予約可能になっていた。 orz

悔しいので、その限定スリーヴを UP しておこう。
b0033901_2133121.jpg
でも、明日あたり巡回してるときに、まだ売ってたりしたら買ってしまいそう。
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-19 02:19 | 音楽系の雑談

バブルへGO!+

b0033901_152517.jpg
先週の土曜日に TV でやってたよね。「バブルへGO!」。
同居人が観たいというので、観てみた。
いや、この映画、公開当時に「面白そうだから観に行こうか」と同居人に行ったのだが、そのときは確か「つまらないに決まってる」と拒否権を発動された記憶がある。
まあ、自分としても、単に広末が好きなだけなので、そのときはあっさりと引き下がったのだが。

それで、えーと、まあ、感想をここに書くような映画でもないので・・・。
言えることは、お茶の間(死語)でまったりと観るのにぴったりの映画だったというぐらいか。
これを、金払って映画館に観に行ってたら、さぞかし文句を言われたことだろう。

あと、ビンゴゲームで 200 万円当たったというハナシは聞いたことないが、きっと上流階級のパーティーではそういうことがあったのだろう。
あー、お金持ちになりたいなあ。

その翌日、BS DEGITAL で「ホテル・ルワンダ」を観た。
こっちは、逆に、自宅で観るような映画じゃなかったなあ。
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-17 01:06 | MOVIE
更新をサボっているうちに、もう2週間も経っちゃったよー。
超今さらだけど、とりあえず記録を残しておくことにしよう。

まずはセットリストから。

01. talkin' 2 myself
02. STEP you
03. Ladies Night
04. fated
05. Together When...
06. decision
07. SURREAL
08. Bold & Delicious
09. RAINBOW (Countdown)
10. evolution
11. Boys & Girls
12. glitter
-ENCORE-
13. untitled~for her~
14. 卒業写真
15. +
16. Humming 7/4
17. MY ALL

今回のステージセッティングは A museum と同じ。つまり、バックステージがあって、メインステージとの間に花道がある。ロイヤルボックスのところにサブステージがあって、北側にはクレーンがあるというもの。
今回の席はアリーナB3ブロックの後ろから2列目で、花道の中間点部分の南側真横。花道に向かって3列目で、サブステージのほぼ正面。まあまあのポジションなんじゃない? なかなか期待できる。

で、いつもどおりに 23:00 過ぎにライヴ開始。
「talkin' 2 ~」のあと、早くもお着替え。で、高校の制服をアレンジしたような衣裳で登場して「STEP you」を演ったあと、あゆの姿が消えたと思ったら、「Ladies ~」でサブステージに登場。
おー、思ったより近いよ。双眼鏡で観たら、例のタトゥーを消した跡がはっきり見えるぐらい近い。

そのあと、「fated」でバックステージに登場。
「Together ~」で花道を通ってメインステージに。おー、あゆがすぐ近くを通過!
あんなに悪口を言ってた「Together ~」がいい曲に聴こえるから不思議だ。
「SURREAL」では北側クレーンに。これは自分には全然関係なかったけど。

実は、「SURREAL」あたりから、あゆのウタが激しくズレ始めてた。
また、イヤモニの調子が悪かったのかと思ってたら、後日、真相(?)が判明することになるので、ここでは省略。

Countdown は「RAINBOW」の曲中で。
実は、自分の腕時計が数分進んでいて、そこでは 12 時を過ぎてしまっていたので、今年はカウントダウンがないのか?と錯覚していたのだが、ちゃんとあった(笑)
と言うか、これって実際の時間とちょっとぐらいズレていても、わからないよねえ。まあ、そんなことする必要もないのだが。

結局、サブステージとクレーンの使用は1回ずつだけ。花道はその後も何往復かしていたなあ。

今年のレア曲は、「RAINBOW」、「卒業写真」、「+」あたり。
「卒業写真」は何のMCもなく、淡々と歌っていたので、なんとなく拍子抜けだったけど。
「+」は、ひょっとして TA 限定ライヴ以来?
スクリーンにコーラス部分の歌詞が出てて、いかにもみんなに歌って欲しそうだったけど、これって TA のメンバーだけに教えるって当時言ってなかったっけ?
当然のごとく、ほとんどのヒトが初めて見る歌詞なので、あまり盛り上がらずに終了。

エンディングは新たな振り付け付きの「MY ALL」。あのー、振り、難しいんですけど。

終了は AM 1:20 頃。なんか、毎年長くなっているような気が。おそらく、レギュラーのツアーより長いし。

まあ、いろいろあったけど、今回は比較的に満足度が高かった。
って、要するに、あゆを近くで観られれば満足なんだろ(笑)
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-14 23:28 | LIVE

ことよろ

b0033901_1374535.jpg

今年も代々木から、あけましておめでとうございます。
思ったより寒くなかったね。
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-01-01 01:37 | LIVE