〔用語集〕 TA = あゆのFC。Lotus = 中島美嘉様のFC。


by ayu-mikasama
カレンダー

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

人魚

アムロの新曲情報。タワレコのサイトによると、
約半年ぶりとなるNEW SINGLE!楽曲は、T.Kura & Michicoプロデュースによる初夏向けのファンキーで踊れるキラキラ・ポップ・ナンバー「CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK」、そして安室初となる邦楽カヴァー曲、NOKKOの名曲「人魚」(1994年)の両A面SINGLE。
なんだってさ。

「人魚」ねえ・・・。筒美京平作品ですね。
内田有紀が主演してた「ボクたちのドラマシリーズ」の「時をかける少女」のテーマ曲だった。そう言えば、内田有紀の妹役でアムロがそのドラマに出ていたんじゃなかったっけ?
と、まあ、知識をひけらかせてみました。

b0033901_0572075.jpgところで、アムロと言えば、ちょっと前のリリースだけど、「SPACE OF HIP-POP TOUR」の DVD。年末にウチが 2 回も観に行ったヤツね。
これ、観てみたら、生ではスゴくカッコよかった QOHP の曲がそれほどよくなかった。きっとウチの TV のスピーカーのせいなのだろうが、サウンドのソリッド感とかパーカッシヴ感とかがちょっと足りないみたいな。やっぱりサラウンドシステムを買った方がいいのかなあ。
逆に、そんなショボいサウンドの中では、生では古くさいなーと思った TK 時代の曲が結構よかったりしたんだよね。
不思議だなあ。

オープニング前の「Just Say So」は、あった方が絶対カッコよかったのにな。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-31 01:00 | R&B/Hiphop

初登場 8 位

しつこいようだが、ほとんど毎日飲み会なので、書くべきことは結構あるのに、なかなか更新できない。
と言うか、あと 2 日で仕事全部片付けられるのか?

でも、これは書いとかなければ。

女優・綾瀬はるかのデビュー・シングル、上戸彩以来の快挙達成!

TVドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』や『白夜行』など、数々のドラマで活躍中の女優・綾瀬はるかのデビューシングル「ピリオド」が1.6万枚を売上げ、8位に初登場。24(金)発売で、集計対象期間が4日しかない中、いきなりのTOP10入りを果たした。
本作の作曲は、Mr.Childrenなど数々の有名アーティストのプロデュースを手掛けてきた小林武史、作詞は本作が初の楽曲提供となるEvery Little Thingの持田香織(小林武史との共作)。女優のデビュー・シングルによる初登場TOP10入りは、2002/9/9付の上戸彩「Pureness」(最高位4位)以来、3年7ヵ月ぶりのこととなった。


うーん、8 位か・・・。デイリー 3 位が 2 日続いてたので、もっと上に行くかと思ってたのだが、その後伸びなかったな。↑に書いてるようにリリース日もズレてたし。
でも、まあ、上出来か。

と、このところすっかり綾瀬はるかブログと化しているワケなのだが、今日久し振りに HMV に巡回に出かけたら、店内は KAT-TUN と SPITZ にほとんど占拠されていて、自分がいかに世間と乖離しているかを知らされた。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-30 00:47 | 綾瀬はるか嬢

白夜行 最終話

内容としては今クールでダントツで、欠点は観てて全然楽しくない(!)ことだけだった「白夜行」の最終回をようやく観た。

救いがないような、そうでもないような・・・。

ただ、雪穂のその後を描くって言ってた割りには、そのあたりの時間が短かったな。視聴率がよくなかったので、枠の延長ができなかったからかな。

と思っていたら、公式にこんなことが書いてあった。
DVD-BOXにオリジナル・エンディングが追加!!
皆様から続編制作希望の声が寄せられる中、6月23日発売のDVD-BOXには、それにつながるようなオリジナル・エンディングが含まれることになりました。
特典映像として、ラストシーンに1分以上の未放送シーンが含まれたDVD版も是非ご覧ください。


こんなの反則じゃん。エンディングが違うなんて。
と言うか、あんなのの続編なんて、どうやったら作れるんだ?

ところで、さっき「輪舞曲」の最終回を観たけど、ヒドかったねー。
「そんなこと、あるわけない」ってシーンの連発だった。
今までちゃんと観てきたのに・・・。その時間を返してほしいよ。

TODAY's BGM
白夜行の劇中 BGM
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-27 00:53 | 綾瀬はるか嬢

ピリオド

連日の送別会で更新が滞りがちなのだが。

その間、UP しそこねていたネタから。
綾瀬はるか公式 HP キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!
ということで、こちらです。

b0033901_1534849.jpgさて、誕生日リリースの「ピリオド」。そう言えば、作詞のもっちーも同じ誕生日だ。(画像は使い回し。)
この時期、どうせ送別会ばっかりで巡回できないのはわかってたので、通販で購入。
通販なのに予約特典のポスターが付いていたのはいいけれど、ダンボール箱に入らないので、激しく折りたたまれていた。orz

で、聞いてみた。
グッバイハロー、ハローグッバイー・・・・・・
・・・・・・地味だ

でも、オリコンデイリーは2日連続3位なんだよね。
まあ、1位の KAT-TUN が強いのはわかりきってるので、みんな同日リリースを避けたんだろうが。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-26 01:56 | 綾瀬はるか嬢

Happy Birthday

あ、今日は綾瀬はるかちゃんの誕生日だった。忘れてたよ。
あわててケータイから更新。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-24 08:54 | 綾瀬はるか嬢

アンフェア FINAL

やっぱり安藤だったか・・・。
原作本の栞(「アンフェアなのは、誰か」の裏側)に「そして2006年夏、雪平夏見、ふたたび。」って書いてあったのだが、もう安藤出ないのかなあ。

結局、これが今クールで一番、次回が楽しみなドラマだったな。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-22 00:51 | Drama

ALL HANDS TOGETHER 続報

タワレコ情報によると、
前作「CRY NO MORE」では音楽的原点回帰をはかり、ゴスペル・フィーリング溢れるブルーズナンバーを切なく歌い上げ、ジャンルにとらわれない表現力に高い評価を得た中島。今作はそれを追従すべく、ブルースゆかりの地ニューオリンズに捧ぐアップナンバー。セカンドラインのリズムをテーマに、被災地ニューオリンズの悲しみを音楽で元気付けようとする中島の声は、国境や人種を越え、人々の心に深く響くこと間違いないでしょう。今回特記すべきは、ニューオリンズ音楽の伝道者、南アメリカの重鎮、アラン・トゥーサン(Pf)、ニューオリンズ・ファンクの代表格ネヴィル・ブラザーズのリズム、シリル・ネヴィル(Per)、更にはメンフィスホーンズとのスーパーセッション!!さらに20人ものクワイヤーを従えたこのエールは中島ファンのみならず、全音楽ファン必聴・必携!カップリングには、ニューオリンズを代表するトランペッター、故ルイ・アームストロングの有名曲「WHAT A WONDERFUL WORLD」のカヴァー!更にCOLDFEETによるダンサブルでファンキーなリミックスを収録予定!
ってことらしい。

これ、スゴいっすねえ。セカンドラインで、アラン・トゥーサンにネヴィルスだって。
でも、また全然売れなさそう。だって、こんなのに反応するのって、「MUSIC MAGAZINE」を愛読してるようなルーツ・ミュージック崇拝者の中年だけでしょ。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-21 01:23 | 中島美嘉様

KAELA DUNK

昨日の「女王の教室」episode 2。
あの男の子、スゴかったねえ。あの薄ら笑い見て、本気で腹立ったもんね。

b0033901_0565151.jpgところで、買ってからずいぶん経ってるのだが、カエラの 2nd。
1st みたいにギターロック一辺倒というわけではないのだが、なかなかカッコいい。
思ったより真剣にロックしてたんだねえ。まあ、プロデューサーがいいだけなのかも知れないが。

ただ、ジャケ写が怖いんですけど・・・。

なんか、NIKE とコラボした KAELA DUNK なるものがあるらしい。
カッコいいっすねー、これ。特に、ブラックヴァージョンが。
でも、ライヴに行かないと買えないのか・・・。orz
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-20 00:59 | 音楽系の雑談

イメージできる?

今日観たドラマ。

「女王の教室」 SP 前編。
白→グレー→黒と進化していく様子を描いているのだが、自分的には「白真矢」が一番気持ち悪かった。あんなルックスで「~だぞー。」って言われてもねえ・・・。

「彼女の恋文」。
「時効警察」枠の単発ドラマ。つい観てしまった。いや、ウソです。ガッキーが出てるので観たワケなのだが。
ストーリーは別にいいんだけど、「You Bring Me Up」がやたらと流れていたのが気になった。と言うか、ドラマの雰囲気にあまり合っていなかったように思うし・・・。

TODAY's BGM
Plastic Love - Mai Hoshimura (from "Relaxin' With Japanese Lovers Volume 4")
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-18 02:11 | ガッキー

誰にも言いませんよ

b0033901_0572129.jpg「時効警察」は先週終わっちゃったんだけど、ノベライズ本が出てるというので、ちょっと気になってた。
で、ちょこっと見てみようと思って、先日、会社の最寄り駅の駅前にある本屋に行ってみた。そうしたら、売ってなかったんですよねえ、これが。
それで、今日、定例巡回のついでに HMV の隣りの本屋に行ってみて、店員にずいぶん長い時間かけて探してもらったのだが、ここでも売り切れてるってことだった。

いや、もう、こうなると、何が何でも手に入れたくなるものですよねえ。で、帰宅途中に赤羽駅構内の本屋に寄ってみたら、1冊だけ売ってたので即 GET。

あれ?最初は、中味をちょこっと見てみるだけのつもりだったのに・・・。
それに、冷静になって考えてみれば、おそらくはたまたまその2軒で売り切れてただけなんだろうし。

あー、そう言えば、「白夜行」の原作本、まだ途中までしか読んでなかったよー。
[PR]
by ayu-mikasama | 2006-03-16 01:00 | Drama