〔用語集〕 TA = あゆのFC。Lotus = 中島美嘉様のFC。


by ayu-mikasama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Burt Bacharach @ Tokyo International Forum (レポ編)

b0033901_2312915.jpg
ライヴに行った後、レポをアップするまで1週間かかるということをルール化したつもりはないのだが。
ということで、またまた遅ればせながら、レポ編を。

あ、そう言えば、↓のセットリスト。
あちらこちらのブログを巡回してみたところ、21 曲目に「In Our Time」があったようだ。
ふーん、そうなのか。自分的には、もっと早かったような気が…。まあ、いいけど。

このコンサート、実は@ 12,000 円もする高額ライヴだったのだ。それで、自分でもちょっと悩んだんだよねえ。
だって、他のアーティストと違って、本人がいるということにあまり意味がないような気がして。
例えば、「○○オーケストラが奏でるバカラックの調べ」(そんなのには行くワケないけど)みたいなコンサートでも中味は大して変わらないんじゃないかと思ったり。
でも、今年80歳になるという高齢だし、これを逃せば、おそらく生バカラックを観ることないだろうなと思って、行くことにしたのだ。
バカラック……、昔から好きだったし。

それで、自分は追加プレオーダーでチケを買ったのだが、10列目センターあたりという良席だった。だから、実はガラガラなんじゃないかと心配していたのだが、会場に着いてみるとほぼ満席の盛況。どこかで安売りでもしてたのだろうか?
客層は、やはり高年齢層中心。しかも、高額チケを買ってるだけあって、みんなどことなく身なりがいい。それに、みんな「バカラックとは…」みたいに語っちゃってるし(笑)
他には、ピチカートあたりから流れてきたと思われる若年層がチラホラと。

で、ほぼ定刻にコンサートは開始。
いきなり名曲満載のメドレーを連発するのだが、こんなに演っても、「あの曲、まだやってないぞ」と思えるのは、ある意味スゴい。
更に、「Heart Light」(ニール・ダイアモンド!)みたいに、曲は聞いたことあったけど、バカラックだなんて知らなかった曲があったりしたし。

さて、全盛時から定評があった(?)御本人の歌なのだが、さすがに今回はないかと思ってたら、「Movie Medley」あたりから、ちょこちょこっと歌っていた。まあ、そこは雰囲気モノっていうことで…。

ということで、チケ買うときは悩んだのだが、行って正解。十分楽しませていただきました。
唯一気になったのが、コンサートの間ずっと、後ろの席から「Yeeah!」だの「Gooood!」だの、日本人離れした歓声が聞こえてきてウルさかったこと。
ガイジン(あるいはクリス・ペプラーみたいなの)が観に来ているのだと、ずっと思っていたのだが、終演後振りかえって見てみたら、全くの日本人だった(笑)
[PR]
by ayu-mikasama | 2008-02-24 23:16 | LIVE