〔用語集〕 TA = あゆのFC。Lotus = 中島美嘉様のFC。


by ayu-mikasama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

This Is It

今さら、This Is It。
しかも、観たのは DVD じゃなくて、映画です。公開最終日(Rufus @ Bluenote の翌日)に滑り込みで。

いや、別に観なくてもいいんじゃないかな、と思っていたんだよね。
だって、個人的には MJ のアルバムは「スリラー」しか持ってなくって、それ以降のアルバムをちゃんと聴いたことがない(まあ、さすがに曲自体はあちらこちらで流れているので、イヤでも知っているが)。と言うか、むしろスルーしていたと言う方が正確か。
おそらく、みんな、そんな感じだったんじゃないの? MJ の新譜のリリース時に特集組んでる専門誌って見たことある?
それが、亡き後は再評価と絶賛の嵐じゃないですか。その正体を確認しようと思って。

で、自分が感じたのは、MJ は King of Pop なのは事実なのだが、実は思ったよりブラック・ミュージック寄りの人だった。
それで、ステージのコンセプトは Best of MJ を最新のテクノロジーで見せる、みたいなところにあったのじゃないかと思うが、それにしては驚くほどスタッフが少なくて、しかも MJ がほぼ全てを自分で仕切っていた。
だからこそ、本来は見せないはずのメイキングがドラマとして成立しているわけで、みんな、そこにヤられたのじゃないかな。

というようなことは、いろんなレヴュー見てて、だいたい想像していたとおりだった。
エンディングロールで、「This Is It」と「Heal The World」という何だか大ゲサな曲が 2 曲続いて、最後にリハの「Human Nature」が流れるんだけど、個人的にはその「Human Nature」みたいなポジションの映画だなあ、と思った。
……って、意味わからないか。

まあ、観てよかったとは思うが、更に DVD を買おうとまでは思わなかったなあ。申し訳ない。
b0033901_152879.jpg

[PR]
by ayu-mikasama | 2010-02-05 01:07 | MOVIE