〔用語集〕 TA = あゆのFC。Lotus = 中島美嘉様のFC。


by ayu-mikasama
カレンダー

時をかける少女

日曜日の堂本兄弟で、原田さんが歌っているのを久しぶりに観ました。
いや、今日はそれじゃなくて、映画の話。

青春映画の金字塔『時をかける少女』が、女優・仲里依紗主演で実写映画化となり、このほど完成したことが 27 日までにわかった。同作は 4 度目の映画化で、実写版としては実に 12 年ぶり。監督は同作が長編映画初監督作となる谷口正晃。2006 年に細田守監督によるアニメ映画版で主人公の紺野真琴の声を演じた仲は、「今度は、声だけでなく、自分自身がスクリーンに映ることができることになり、『時をかける少女』というブランドを背負うことが出来るのか、すごく不安でしたが、一生懸命時をかけました。歴代の『時をかける少女』のファンの方もまた新たに楽しめる作品になったと思います」と大役を果たして得た自信をのぞかせる。
1965 年に作家・筒井康隆が発表したティーン向け SF 短編小説を原作に、大林宣彦監督が 1983 年に原田知世主演で映画化し、大ヒットした『時をかける少女』。1997 年には角川春樹監督がメガホンをとり、中本奈奈主演で再映画化された。実写版としては 3 度目となる最新作の主人公は、原作の芳山和子から彼女の一人娘の芳山あかりにバトンタッチ。仲が演じる 2010 年の現代に生きるあかりが、母の初恋の人・深町一夫に会うため、1970 年代にタイム・リープ(一種の時空移動現象)する。あかりが恋に落ちる大学生・涼太役を演じるのは中尾明慶で、母・芳山和子を安田成美が演じるほか、元劇団四季の看板俳優・石丸幹二が映画初出演を果たしている。

えーと、中本奈奈って誰?
そんな時期に再映画化されてたって、全然知らなかった。

b0033901_0551923.jpg

仲里依紗は嫌いじゃないけど、もう少しスレンダーなイメージかなあ。
[PR]
by ayu-mikasama | 2009-10-29 00:58 | ゲーノーねた