〔用語集〕 TA = あゆのFC。Lotus = 中島美嘉様のFC。


by ayu-mikasama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Beyoncé "I Am..." World Tour 2009 @ Saitama Super Arena

日曜日にビヨンセのライヴに行ってまいりました。
いや、彼女の熱心なファンというわけでもないのだが、すごく評判がいいもので。

日曜日のライヴということで、開演予定時間は少々早めの 16:30。
でも、外タレのライヴが時間どおりに始まるはずもなく、定刻をちょっと過ぎてから着席。
事前のイメージでは、アリーナのほとんどがスタンディングかと思っていたら、なんと、約半分は 2 万円の VIP 席ではありませんか。
自分はスタンド 9 列目で、ステージ、サブステージの両方からほぼ等距離の珍しく好ポジション。

さて、そうこうしているうちに、16:45 ぐらいだったろうか、突然、歓声があがったので何事かと思ったら、人気もなくなったアリーナの通路をものものしい一味が歩いてくるじゃないですか。
叶美香 !?
サマンサタバサのコネなのか、VIP 席の中でも一番サブステージに近いところに席が用意されておりました。

で、16:50 頃だろうか、客電が消え、ライトショウっぽいものが始まった。そして堂々たる体躯の女神様降臨。
いやあ、スゴい存在感ですねー。いや、体格ではなくって、オーラが。
それで、いきなり Chi-Lites のイントロが!
そりゃ熱狂しますよ。

とは言うものの、このあたり、あまり記憶にないだよねえ。実はケータイで写真撮るのに必死で。
b0033901_194534.jpg

って、こんなのかい! 何の写真か全くわかんないって。

セットリストはこんな感じ。
実は、ビヨンセについてはライトなファンだし、デスチャはほとんど聴かなかったので、不明なところはあちらこちらからパクってきたんだけど。
特に、サブステージで演ってた Bad Boy あたりから Say My Name までは自信なし。

01. Crazy In Love
02. Naughty Girl
03. Freakum Dress
04. Get Me Bodied
05. Smash Into You
06. Ave Maria
07. Broken-Hearted Girl
(If I Were A Boy Video Intro)
08. If I Were A Boy
(Sweet Dreams Video)
09. Diva
10. Radio
11. Ego
12. Hello
(Bass Solo - Keyboard Solo - Love Hangover - Beyonce vs Sasha Fierce Video)
13. Baby Boy ~ You Don't Love Me (No No No)
14. Irreplaceable
15. Check On It
16. Bootylicious ~ Bug A Boo ~ Jumpin' Jumpin'
17. Upgrade U
18. Video Phone
19. Say My Name
(Dancers Medley : Independent Woman ~ Bills, Bills, Bills ~ No, No, No ~ Survivor)
20. At Last
21. Listen
(Single Ladies Video)
22. Single Ladies (Put A Ring On It)
-encore-
23. Halo ~ Happy Birthday ~ Halo

ビックリしたのは、ステージ背後のスクリーンと言うのか、LED ライトと言うのか、とにかくそれがメチャメチャきれいだったこと。何年か前のあゆのライヴでスクリーンがきれいで感心したことがあったけど、今回のはその比じゃない。
特に、Smash Into You での海の画像がスゴかった。
b0033901_1102010.jpg

って、また全然わかんないって。

最近の R&B 系ライヴのお約束かもしれないのだが、MJ トリビュートっぽい企画もあった。
ベース・ソロの Billie Jean リフとか、Diva のダンスとか。
そして、アンコールの Halo のスクリーンに MJ が大登場。
b0033901_1104626.jpg

って、また全然わかんないっつーのに。

個人的には、ハウスっぽいアレンジの Radio のダンスに萌えました。
あと、Upgrade U のジガのラップパートの口パクとか。
ラス前の映画パートは号泣モノかと予想してたのだが、案外あっさりと終了。まあ、それでも十分ディープなんだけどね。

おそらく、細部まで計算して構成されてるのだろうが、写真撮り放題だったり、客との距離がすごく近かったり、どことなくラフかつフリーな感触で、客が楽しむポイントをうまく押さえてるという印象。
規制ばかりで、宗教みたいに万人同一振付を強要する日本のライヴとは違って、さすがはショウビジネスの本場、アメリカの底力を垣間見たような気がする。
[PR]
by ayu-mikasama | 2009-10-21 01:13 | LIVE